虹色こんぺいとう

時々撮る写真と日常記録

おみやげ

2017.01.15 (Sun)

KC4I0377.jpg

「これ、似てるからあげる。めっちゃ目なんかそっくりだよねえ♪」

って担当の子からもらったパン。

私こういう顔なのか?そうなのか?

次女に聞いたら、

「あ~、にてるねえ。」

・・・・・・・・・・

中はチョコパンでした

KC4I0379_20170115162027535.jpg


スポンサーサイト

天然酵母のパンつくり

2016.02.27 (Sat)

雪が降るとはいえ、日中は日差しがポカポカして気持ちが良いです。

(花粉も飛び始めましたが・・・・・・・)

ずっと前に作った酵母。

冷蔵庫の奥で待機してもらってましたが、麹と合わせて麹酵母を起こしてみました。

風土に根付いた菌なだけあって、力が強い!

IMGP5762.jpg

丸くてコロンとしたプチパンが焼けました。

焼きたては独特のお酒?麹?の香りがきついですが、翌日には香りも消え、とっても食べやすいパンになります。

熟成っていうのかな?

切り口を見ても酵母のバランスが良いのがわかるでしょうか?

IMGP5765.jpg

これから暖かくなって酵母にとって活動しやすい時期になるから、いろんなもの作るのが楽しみだわ~♪

発酵中

2015.07.02 (Thu)

CA390768.jpg

残りごはんと麹とブドウ酵母で酵母液を作成。

トースタパンで焼きました。

お米が入るとバターが無くても、もっちりしっとり焼き上がります。

CA390769.jpg

プクプク今も活動中な酵母君。

酵母を作ると、継ぐのが面倒だし、生地の管理とかもかなり負担に感じるのですが、

これは、粉を加えてそのまま焼けるので、気が楽♪

酵母液を飲んでみたら(食べてみたら?)マッコリのような味でとてもおいしかったです。

CA390770.jpg

断面は引きちぎってしまいましたが、こんな感じ。

久しぶりの天然酵母は発酵が長くて、心配しましたが、5時間で1次発酵が終わるなら、普通かな?

この配合は、ちぎりパンよりも違う型のほうが美味しいかも!


そして久しぶりに作ったお弁当は、やる気なし・・・・・。

CA390766.jpg

隅に入れたエリンギのハーブ焼き食べてくるかな?

相変わらず「彩なし!」のお弁当。



試作中 3

2015.04.22 (Wed)

昨日に引き続き、今日も焼いてみました

IMGP5266.jpg

高さもそれなりに出ているし、気泡もばっちり生地の上下で発酵の差は感じられないです。

何よりも、しっとりもちもちに焼き上がっています。




参考までに、1から3まで画像を連続させてみます

NO1
IMGP5229_20150413095909937.jpg

NO2
IMGP5257.jpg

NO3
IMGP5266.jpg

こうして並べると、生地の詰まり具合や、ぼそぼそ感、かま伸びの違いが結構あるのだと、改めて感じます

試作中2

2015.04.21 (Tue)

天然酵母の元だねのモニターをしているのですが、これがまた難しい(当たり前ですが)

IMGP5260.jpg

酵母の状態は悪くないのですが、生地の上がりがいまいち・・・・・

1回目とは違う配合でやってみましたが、どうかしら?

IMGP5257.jpg

元だねを増やした分いくらか、高さがでいているような気がしないでもない。

カット面を見ても、大きな気泡も入っているので、ちゃんと酵母は働いてくれているんだけどね~


実は、天然酵母のパン焼きコースでパンを焼くと、セットして焼き上がりまで、実に8時間半かかる。

正直、2回とも、失敗して食べられない!という状態にはなっていないのが、さすがはパン焼き機!

という反面、てごねで焼いたほうが、楽ちん!という結果にたどり着いているのも事実・・・。

そしてもう1点。

精白された粉でのかけつぎを指定されたのですが、全粒粉でかけついだほうが、生地がだれず、良い状態を

保っています。(我が家では)

あくまで予測ですが、精白度が高いと、白米もそうですが、早くエネルギーに変換されているのだろうと思うのです

半分は精白、半分は全粒粉で同じ生地をかけ継いでいるのですが、

蓋をあけたときの発酵臭が雲泥の差なのです。

精白のほうが、明らかに酸味臭がします。

これは焼きあがったときのパンの匂いにも反映されるので、こちらについても考察中です。

IMGP5262.jpg
IMGP5261.jpg

上が全粒粉下が精白タイプ。

微妙ですが、違うのです。

 | HOME |  »

プロフィール

好張

Author:好張
写真と興味がある事

ブログ内検索