虹色こんぺいとう

時々撮る写真と日常記録

輪切り

2017.03.15 (Wed)

IMGP6675.jpg

太陽光設置のため、切り出され続ける山の木。

東日本大震災から6年。

「原発に頼らない。」をスローガンに進んできた結果が太陽光なのかなあ。



この木がどれだけ二酸化炭素を消費して、酸素を出してたのかなあ。とか、

花粉が飛ばなくなって良かったかも。とか、

雨降ったら地滑り起きるんじゃないの?とか、

いろいろ勝手に思うのです。
















スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

sachiさんへ

そうなのです。
生態系壊してまでって思うのですが、手入れしない山は
いろいろ不都合もあるようで、一概になんとも言えないのですが、何かもやっとしてしまうのです。

同感です。
使うための薪ならいいですが、太陽光発電のためとは、、、。
地滑りとか大丈夫か私も気になりました。

伐採し過ぎて、代わりに杉を植えたんじゃなかったっけ?
今度は太陽光のため?
空地を利用するものならいいなと思うけど、わざわざ自然を壊してまですることなのかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

好張

Author:好張
写真と興味がある事

ブログ内検索